タグ ‘ port

スノボ行ってきた

帰宅翌日、握力がまるっきりダメになっていた。
寒くてかじかんだ状態で、無意識にこぶしを握り締めていたせいか。
あと、内太ももがピキピキ。これはまあ、普通か。
外傷はない。筋肉痛は全身を満遍なく襲っているが、階段も上れるし、生活に支障はない程度。

遡って書くとしよう。

土曜日、アキバのニッピンでグローブ、ゴーグル、帽子をあわせて7000円弱で購入。
夕方駒場に寄った後、さらに東神奈川で週末のイヴェントの打ち合わせをした後、こまーち邸へ。
凝り性のこまーち邸には酒がたくさんとダーツの的がある。スノボもウェアも当然自前で持っている。
僕から曲芸の道を教わった、などと嬉しい事を言ってくれる彼だが、いまやどう見ても僕より彼のほうが多趣味なようである。まったく侮れない。
そしてレフティーである。これはずるい。

で、ぐだぐだしゃべって3時前に就寝、6時起きて車でゴー。
雪降ってて大変だったが、除雪車のうしろに付いて走り、御殿場Yetiに到着。
入場料\3800、さらにウェアとボードのレンタルで合計\7000を払う。

10時に滑り始め。降りるだけならスケボーとほぼ変わらない印象。楽勝であった。
しかし、すでに述べたように、方向転換の原理がまるで違う。
スケボー的には、ボードの後ろに体重をかけて前方を少し浮かせるのであるが、これをスノボでやってしまうとまったく方向転換しないばかりかガンガン加速する。
このままでは死んでしまうのでターンの練習。
前に滑っていて前が下へ傾いているというのに、前に体重を掛けなければならない。これが直感的に危険であると脳にインプットされているため、なかなか身につかない。結果的に体重移動が不十分で、腰を使ってボードを無理やり回してしまう。背筋がとても疲れていることに気づく。

やわらかい雪が積もってくれているおかげで、転んでもまったく痛くない。これはありがたかった。
安心して派手に転ぶ。

そんなこんなで、昼食をはさんで4時間ほど滑りまくった。
若干寒かったが、そこそこ上達したし、満足。
15時に引き上げる。

東京に積雪ということで事故が同時多発していたが、奇跡的に東名高速は無傷で、スムーズに帰宅。
もののついでにIKEAに寄る。

return top