カテゴリー ‘ geek

スーパーポータブルiPadスタンドを200円で自作した


これです。 どうだ、小さいでしょ?
外径5mmのアルミパイプを12cmにカットしたものに、内径5mmのビニルパイプをちょこっと被せました。
これでどうやってiPadがスタンドするかって? はい、ちょっとしたタネがありまして。



まずですね、僕のiPadケースはこいつを使っています。
画板スタイルクリスタルカバーTR-CGIPAD-CL


すると、こうなる。

縦横どっちもオッケー

夢のモバイルデュアルディスプレイ!

誰もがもうすぐ呪文を唱え始める

ボイスレコーダの不便なのは、あとから特定の箇所を探すのにとても時間のかかることだ。だから、あとで思い出そうというつもりでもあまりだらだら録音すると、聞き返す労力に負けて結局ゴミになってしまったりする。
ところが、たとえばGoogle Audio Indexingのような技術を利用すると、膨大な量を録音しても、まるでネットで検索するかのようにキーワードで一覧を見て、その前後の文脈を読むことが出来る。
僕の喉元にマイクをとりつけて、24時間録音し続けてしまえば、「あれ、あの時なんて言ったっけ?」なんてときに、そこへ遡って自分の発言を確認することが出来てしまうのだ。

ちょっと、便利だよね。

積極的にメモとして使うなら、例えば、「ハンズに行ったら○○を買う」というようなセリフを、何か思いついたら忘れずに口にするように習慣付けておけば、実際ハンズに行ったときに「ハンズに行ったら」というキーワードで直近の発言を検索することで、漏れなく買い物できてしまうわけだ。

便利だね!

生活のメモ代わりにはそれで良いとして、学習意欲旺盛な諸君はこれではちょっと困ることがある。「ストラディバリウス」という言葉そのものを今知って、あとで思い出したい場合、どうすれば良いだろう?
検索したい言葉自体が思い出せないと、どうにもならない。
こんな風に単語帳的に使うには、例えば、「単語帳、ストラディバリウス」という風に特定のワードを決めておくと良い。そうすれば、「単語帳」で検索すれば望みのものが得られるようになる。
どうせなら、日常使わない特別なキーワードを決めておいたほうが混乱は少ないだろうね。「チョーゴンタ」とか。そうしたら、何か記憶したい言葉に出会うたびに「チョーゴンタ ストラディバリウス」「チョーゴンタ スリジャヤワルダナプラコッテ」などとつぶやくようにすれば、とても簡単に単語帳が出来上がってしまう。どうせならもっと洒落たキーワードが良いと思うけど。

「チョーゴンタ」を使い慣れた頃には、別の検索ワードを自然と使い始めてるだろう。「あとでやる」ことをまとめて思い出すために「ルヤデトア 鞄に印鑑を入れる」「ルヤデトア デジカメのバッテリーを充電」とか、思いついたそのときにつぶやいておけばいい。そんで、家に帰ったら「ルヤデトア」で検索。

ベンリ!!

そうしてふと気づく。あれ、これって、魔法の呪文みたいだよね?

さらに先の妄想はもうだいたい想像つくと思うから端折るけど、キーワードだけでは沢山覚えるのが大変なので体の動きを加えたり、あるいは特別な「杖」を手に持ったときだけ発動するようにしたり、はたまた、今で言う「format c:」みたいな危険なコマンドがついうっかりで発動されないように、わざと少し小難しくしたりして、そうこうするうちに、僕らは近い将来、いつの間にかみんな魔法使いになってるんだ。

「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。」-Arthur C. Clarke-

Re: 手品とiPod – kawasakiのはてなダイアリー

手品とiPod – kawasakiのはてなダイアリー

Magician Geekを名乗った以上、手品に言及する記事には一応補足を入れてみる。

本文の趣旨とは関係が無いが、リンクされてる種明かし動画についてまず一言。
「やらねえよwwww」

まあ、そこそこ良く知られている手であり、やれと言われればできるが、普段はまず使わない手。
「カードが一番上に上がってくる」というプロブレムを解決する手段は、手品師一般に知られているだけで10やそこらはありまして、通常我々は、観客のレベルや視野を考慮して選択する。
上記リンクのものはかなり角度に弱いため、カメラのような固定視点向け。

でもタネはシンプルだ

さて、タネを見て「ふーん、なるほどね」とは、誰しもが思うことではあるが、ここをもう一歩掘り下げる。上記動画でやってることは何かというと、「観客に見えないように、トランプ全体の上半分と下半分を入れ替える」である。文章で書けばそれだけのことである。そのこと自体は、ちょっと本気で考えようとした人なら出てくる発想のはずなのだ。
「上下を入れ替えれば。。。いや、そんなこと出来るはずが無い」
重要なのはこの後半なのである。間違いなく一瞬思いついていながら、観客に気づかれずに上下を入れ替えるという動作を「物理的に不可能」と結論し、排除してしまう。
手品師は、指先の技術によってこの盲点を突く。

アップルは、HDDの隣にフラッシュメモリーを置いた。

仕事としてオーディオプレイヤを設計している人間であれば、当然これくらいのことは発想としてはあったはず。思いつきつつも、技術的もしくはコスト的な理由で諦めたのではないかと考えられる。この、「諦める」が、十分に検討した結果ならまだしも、上述の手品の例のように「直感的に」否定されていたとしたら不幸だ。

この「直感的否定」という事件は、アイデアを生み出す行為と、それを精製する行為を同時に行ってしまうときに往々にして発生する。これを避けるためのプラクティスが、ブレインストーミングである。

プロジェクタ・ミステリィ

プロジェクタの電源を落とす際には以下の手順を経る。
1.まず、ランプを消す
2.ファンが回り続け、冷ます
3.十分冷めるとファンが止まる
4.電源を切る
(最近は即断できる機種が出ているらしいが、いまは旧機種の話をしよう。)

動作中のプロジェクタの中で、最も熱いのはフィラメントである。ここにファンを当てて冷やし、温度を一定に保っている。
ここで、上記の行程を無視して電源コードを引っこ抜き、ファンとランプを同時に停止すると、「フィラメントが切れることがある」ということである。温度上昇を抑えていたファンが突然止まってしまうと温度が上限を超えてしまい、その結果切れる、と解釈できる。

ではこのとき、フィラメントは何によって加熱されるのだろうか。
ファンと同時にランプを消灯すれば、フィラメントの温度はその瞬間から下降を始めるはずである。そのフィラメントを加熱出来るのはフィラメント以上の温度を持った何かである。

しかし最初に言ったように、フィラメント以上に過熱している部位があるとは到底考えられないのだ。

まとめるとこういうことだ。
最も熱に弱いのがフィラメント。しかし、最も熱いのもフィラメント。
では何故、消えたランプを冷ます必要があるのか?
これが、プロジェクタ・ミステリィ。

答えは、僕が聞きたい。

eBayに壮大に吊られた

eBayと名乗る英文メール。
どうせspamだろうと思って放置していたのだが、あまりに頻繁に来るようになったので調べてみると、どうやら僕の知らない間に、入札したことになっている。

http://offer.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewBids&item=190194139026
うおっつww
しかも、FireWire接続のオーディオインタフェースを最近欲しいと思っていたところなので更に焦る。
これはひょっとして、eBayのアカウントを乗っ取られたのか??との思いが頭をよぎり、ログインを試みるもパスワード違いで弾かれる。
すでにパスワードを変更されているようだ。まあ、乗っ取られたなら当然か。
しかしメールアドレスは僕向けになっているのだから、パスワードの変更が出来る筈だ、ということで、”forgot password” を選択。
秘密の質問だのzip codeだのphone numberだのを聞かれる。
この5年で2回引越しをしているので、zipcodeは3つ試す。

全て弾かれる。

なんだこれーどうすりゃいいんだー
kuboonアカウントをこのまま捨ててしまっても良いのか?
カード番号などを入力してしまってなかったろうか。住所を悪用される心配はあるだろうか。

いろいろ考える。

てか、そもそもeBayのアカウントを取った覚えが無い、と思い当たる。
まあ、いろんなwebサービスを登録しまくってるので、忘れててもまったく不思議ではないわけだが。
ちょっと冷静になり、別の可能性を考えた。
1. どっかのサイトで、僕がFireWireオーディオデバイスのバナーをクリックした
2. なんらかのスクリプトが発動し、kuboonという文字列が取得される
3. そのidでeBayアカウントが自動登録される。メールアドレスはkuboon@gmail
4. 作ったアカウントで商品に入札し、メールが僕に送られる。

なるほど、これはありうる。spam送信の方法としては賢いかもしれない。
しかし、知らないうちに入札しちゃってる商品に、お、ラッキーといって購入する人がいるのだろうか?
いるのかもしれない。
となると、kuboonというアカウントの登録日時などが気になる。
そこで、さっきの入札履歴のとこのkuboonリンクをおもむろにクリック。

なんだこのポーランド人。

2年前から普通に落札を繰り返してる普通のユーザじゃん。
え、たまたまidがかぶっただけ?
たまたま欲しいものがかぶっただけ?
で、このポーランド人が、なぜか自分のものではない(僕が取っちゃってるからね!)kuboon@gmailを、連絡先アドレスとして登録しちゃってるっていう話???

そういうことらしい。
もう忘れよう。

Leeタブレットした

  1. Wiiリモコンを持ってた。
  2. BT-MicroEDR2を買った。
  3. アキバで「赤外線LEDください」と言って、何も考えずに1.8V用70円のを2つ購入。
  4. 古いBTドライバではwiiリコモコンがペアリングしないことを確認orz
  5. ドライバディスクを自宅に置いたまま帰省してきてしまったので、BT-MicroEDR用のドライバをダウンロード、インストール。(BT-MicroEDR2用はまだダウンロードできないみたいだ)
  6. Johnny Leeさんちからタブレットのソフトウェアをダウンロードして実行
  7. LEDにボタン電池を指で押し付けるというインスタントデバイスでキャリブレーション、実行、落書き成功。

はじめのうち、キャリブレーションがものすごいイキオイで完了するのでなにかと思ったら、無線ヘッドフォンの基地がwiiリモの視野に入ってしまっていたようだ。
家に帰ったらプロジェクタでやるぜ。wktk.

1981sでうっかり手品とかしたらえらい話題になってしまっている

エンジニアリングじゃない部分で目立っちゃってほんとすいません><
「ふふん顔」のid:kuboonです。はてなはほとんど使ってないです。皆様よろしくお願いします。

blogが1999まで遡れるのがちょっとした自慢です。

目に付いた記事へリンク。今ちょっと忙しいので後で足す。

会ったことも無い人にものすごいイキオイでいじめられた

drawn by suVeneもう、散々です。

elimさんに手品動画を見せてしまったのが失敗の始まり。
suVeneさんのライブペインティングで散々遊ばれ、これが完成品

ネットって面白い。

return top