カテゴリー ‘ PC

文字という通信手段

「ある数字を二乗したら、9になりました。ある数字はいくつ?」という問題と、
「x^2=9のとき、xを求めよ」という問題は、まったく同じ内容を単に言い換えただけである。
後者の言い回しに抵抗の無い人間にとっては前者の表現は単に冗長で、むしろ理解を遅らせる。

ところで、問いの答えが「3」と思っている人は不正解。正解はもう少し後で書く。

AさんがBさんに何かを言った、とする。(言った、と書いたが、ここでは表情や声調を別にした、チャットやメールのような純粋な文字コミュニケーションを想定しよう。)
AはBに何かを伝えようとして言葉を発するのであるが、これは、
1. Aが、伝えたい内容を文章化する
2. 文章化した言葉をBに送る
3. Bが、その文章を解釈する
という3つの段階を経る。1をエンコード、3をデコードと呼ぶ。
理想的には、Aによるエンコード前の「伝えたい内容」と、Bによるデコード後の「伝わった内容」が完全に一致することが望ましいのであるが、現実には、必然的に食い違う。
文章化というエンコード処理によって、脳内のもやもやとした不安定な何かは、文字という確固とした記号に変換される。その時点で膨大な情報量が失われ、要約だけが残る。これは「非可逆圧縮」と呼ばれる。
一方、受け取り手のBは、そのあまりに質素で漠然とした要約情報を、それまでの会話の流れやAとの過去の共通の記憶などを総動員して補い、もともとAが送ろうとしていたのと同じくらいの体積に膨らます。
「誤解」とは、このデコード処理の失敗のことである。

現実にはほとんどの人間が、「答えを1つ得るとそれで満足してしまう」という習性を持っている。
冒頭の問いの答えは、3とマイナス3。2つとも答えてくれないと、数学的には不正解。
マイナス3を思いつかなかったということが即ち、デコード処理の失敗であって、「誤解」である。

日常の言語のやりとりにおいても、このように「解を網羅する」努力が重要であると思われる。

参考:MORILOG 6/4 なんでも自分でやりたい

DLLの明示的リンク用typedefの正しい書き方

DLLには暗黙的リンクと明示的リンクの2種類の利用方法がある。
コーディングの立場からすると暗黙的リンクが断然楽なのだが、リンクの遅延が出来ないために明示的リンクを利用せざるを得ないことが多い。

明示的リンクを利用する場合、::GetProcAddress() によって関数ポインタを取得し、それをあらかじめtypedefしておいた関数ポインタ型のポインタ変数に代入して使用するのが一般的である。
続きを読む

staticってオーバーロード出来てもよくね?

突然専門的な話題ですみません。
C++とかJavaとかの話です。


class Hoge{
int number;

int getNumber(){
return number;
}

static Hoge myArray[10];
static int current;

public:

static void setCurrent(int i){
current=i;
}
static int getNumber(){
return myArray[current].getNumber();
}
};

みたいなことが出来てもいいんじゃまいかと。
ちなみに
Hoge.cpp:16: error: `static int Hoge::getNumber()’ and `int Hoge::getNumber()’ cannot be overloaded
って怒られるわけですが。

static関数呼ぶときは Hoge::getNumber() とかなるわけだし。確実に判別可能なはず。

彼の息の根を止めたのは僕かもしれない

何度起こそうとしても、低いうめき声をあげるばかりで。
もう、ダメなんだと思ったんです。
満身創痍だし、正直、そろそろ限界かなって思ってましたから。

始めのうちはね、どこが悪いか見てやろう、くらいのつもりで慎重にあちこち調べていたのだけど。
そっと中を覗いてみてびっくり、こんなに複雑だなんて。

元通りに戻せるかな、って不安を感じつつも、なぜだかこう、手は更なる解体を求めると言うか。

夜中の1時で、僕の中身もちょうど夜人格に切り替わった頃だったのかもしれない。

あっという間に、ばらばらにしちゃいました。

もう、どの端子がどこに刺さってたかなんて覚えてられなくなって、どうせ元には戻らないと諦めたら、今度は極限までプリミティブな分解を求めて、あらゆる外せそうな部位を残らず切り離して、そうすると、むき出しになった素のままのパーツはなんだか美しく見える。

そもそも取り出したかったのはHDD。こいつが癌だった。
本来は、HDDだけ交換できれば、他の部品は正常だったはず。
もう、遅いけどね。

取り出したHDDは別のケースに入れて、現役の僕の右腕であるAstaireにUSB接続。
低いうめき。さっきと同じ音だ。やっぱり回らない。
電源まわりがいかれたのかも。

と、そこまで確認して眠くなって寝たのが9/12のことなのですが、さっきもう一度確認したら、HDD直っちゃってるわけ。自然治癒しちゃってるわけ。

なんだよぅ。バラさなければ、まだ生きてたかも知れない。

それにしても、例によっていつものように脚色作業をしてたんですがあまりにスプラッタな展開になってきたので中途半端だけど途中で放棄。題材が悪かった。

自宅鯖が死んだ

今メインで使ってるAstaire (Let’snote W2F) の前に使ってたTigger(W2初代)を、自宅で立ち上げっぱなしにしてFTPサーバとか目覚ましとかに使ってたのだが、内蔵HDDがうぃんうぃん言って起動しなくなった。

HDDを取り出そうと、深夜1時に分解を開始。Thinkpad S30はとても分解しやすいマシンだったが、Let’snoteはそのあたりまったく考慮されていないようで、開くのが難しい。

そのままスクラップになりました。

もう4年前の機種だしね。ケースが数箇所割れて穴が空いているようなマシンなので、売れるものでもないからまあ良いかと。

しかし目覚まし時計が無くなったのは困る。
誰か押入れで眠ってるPC譲ってくれませんか?

黒箱とかMACminiとか買うかな。そろそろ。

ゲーマの是非

僕もかつてはゲーマだった。レッドアリーマー(初代GB)は1日1回クリアしてたし、朝起きてまずDOOMやって、その日の体調(集中力)を確認したりしたし、大学受験期にNethackにはまってしまって、せめて多少は勉強になるように、と敢えて英語版で続けたりした。
Age of Mythologyがすごい面白くて、工事現場などを眺めていると脳内で作業バランスを再配分しようとしたり、制服などで見た目の揃った一団を見ると脳内でダブルクリックしようとしたりしたこともあった。

大学の3年くらいで、ついに僕は、自らにゲームを禁じることにした。時間を奪いすぎるし、得るものが少ない、という判断だ。その分の時間は手品やプログラミングなどに振り替えられた。同様に多量の時間を奪うが、自分にスキルが残る、という点が異なる。

ところが近年、僕が一目置いた仲間たちはことごとくゲーマだったりする。それも、生半可な腕前ではない。ゲームを禁じたことが正解だったのか、と、自分の過去の選択を疑ってみたりする。

そこへこんなニュース。
宇多田ヒカルがテトリスDSで99999999点。専門用語でカウンタストップ、略してカンストの状態。

これだけ材料が揃えば正当化には十分だろう。心置きなくゲーマになれる。もともとはね、大好きなんですよ。やれやれ。

W-ZERO3[es]

W-ZERO3[es]が昨日発表されたわけですが。

どう考えても昨晩寝る直前までは正常だった僕の「京ぽん」が、今朝起きたら液晶がびしっと割れてました。
昨日のプレスリリースに刺激されて未知のサイキックパワーが発動したようです。

「本能が欲しがる」とはまさにこのことかと。

発売日7/27かあ。。。持つかな、こいつ。

“マイクロファイナンス”

古い記事だが、いつもその発想の豊かさに驚かされる中嶋謙吾氏のRingo’s Weblog: 2006年02月21日 アーカイブより。

“Think globally, Act locally” というのは、環境保全の分野で有名な標語だ。「で、localからglobalにどうつながるの?」と、当然の疑問が出る。実は思いのほかつながってるんだよ、みたいな意味が、この言葉の奥には隠されている。

インターネットに代表される情報技術が、このlocalからglobalへの橋渡しをすごい勢いで加速している。物資援助と言えば服や食べ物といった日用品、医薬品、耕作機械、浄水設備といったものが従来考えられてきたが、ここに、「インターネットに繋がったPCを」という選択肢が加わった。実際、100ドルPC、スローコンピューティングなどといった言葉で、このプロジェクトは着実に進んでいる。
考えれば考えるほど、これは大きな革命だ。想像は次々と膨らむ。僕はきっとそういう仕事が好きだから、自分の力が十分に付いたら、次は多分そのあたりのことに取り組むことになるだろう。出来れば30歳前半でそこに到達したい。

手嶌葵オフィシャルサイトの出来が酷い件

手嶌葵オフィシャルサイト

「ユニバーサルデザイン」という言葉がある。言葉のわからない外国人にも、体の動きづらいご老人にも、目の悪い人にも、できるだけ多くの人に対して「優しい」マーク、形、色、そういったものの総称である。
たとえば、エレベータの「開」「閉」というボタンをアイコンにする。それだけでインターナショナルに対応する。たとえば、非常ボタンは赤い色にし、透明なプラスチックのカバーで覆うことで「緊急時専用」であることが伝わる。
たとえば、不要な段差はなくす。ぶつかりそうな凹凸はなくす。
押すと開くドアか、引くと開くドアか、はたまた横にスライドするのか、取っ手の形で自然に判別できる。
これが、近年の都市工学の常識である。

インターネットの仕組みを考えてる人たちというのがいて、出来るだけ多くの人々に「優しい」仕組みを作るために努力してきた。正しく(というより、ごく普通に常識的に)デザインされたサイトは以下の用件を自然に満たす。
・閲覧者が、自分にちょうどよい文字の大きさで閲覧できる。(文字の大きさの変更に対応しており、変更しても情報が失われない。)
・閲覧マシンのディスプレイの大きさに依存しない。(ケータイの小さな画面であってもすべての情報が読める)
・文章の順番がきちんと定義されており、たとえ目の見えない人であっても、専用の「読み上げソフト」を用いて情報を得ることが出来る。(文字情報を画像にしてしまったり、「順序」を無視して設計した場合には読み上げは機能しない)

こういう流れと真逆の方向へ努力したサイトは認めがたい。
「非健常者に対して優しい設計は結果的に健常者にも優しい」というのがユニバーサルデザインの最もすばらしい主張である。同様に、「非健常者に優しいサイトは健常者にも優しい」と僕は考えている。
実際僕は、上記サイトを開いてみたものの情報が混乱していて見る気が失せる。

賃貸検索

今、昼間はひたすら賃貸物件探しをしているわけだが、洋間と離れたところに狭いキッチン、という間取りが多すぎる。当然対象外である。間取り用語でいうと、1Kは見る価値無し。1DKは場合によって許せる。いっそワンルームのほうがずっと良い。台所と洋間を分ける理由が正直よくわからない。(それは僕が魚や肉を料理に使わないからかもしれないけど。)
今住んでる僕の家とか北区の姉の家とかは玄関が番号式になっていて鍵を持たずに外出できるのだが、これに相当する項目が賃貸検索のこだわりリストに無い。まだまだ少ないってこと?「ペット許可」だって決して多くは無いと思うが。需要も供給も。
そもそもさ、「沿線で探す」っていうのがまるっきりナンセンスだ。京王線や中央線のような長いラインで沿線ならどこでもいいや、っていう探し方が効率的だとはとても思えない。地下鉄は地下鉄で、勤務先へ直行となればせいぜい数本だが、乗り換えを1回でも許容するなら大抵半分以上の路線の沿線を許すことになる。

合理的に考えれば、「勤務先」「通学先」からのアクセスをベースに探すには、乗り換え案内と連携して「何駅まで何分以内」という検索が出来るべきだ。で、1時間以内、などと指定すれば実質的にほぼ東京都全域がターゲットになり、何万件が候補に上るわけだが、そうしたら今度は広さや値段、「商店街が近い」「公園が近い」などの細やかな条件を指定して絞り込んで行けると良い。条件を変更するたびに、ajaxで該当件数が即座に表示されると良い。

この程度のことはエンジニアなら誰もが考えることで、しかも多分実現すれば事業として十分やっていける見込みがある。にも関わらず誰も実現できてないってことは、賃貸業界の壁や闇があるんだろうか。

return top