カテゴリー ‘ 格言

chaotic locus

attractorに螺旋に落ちて 最早 周期も安定しつつ

希薄ながらも無限に張った 交錯しない蜘蛛の糸

体を撫でて過ぎてゆくのに つかめない つかめない

「もう落ちようよ」って声が聞こえる 「所詮小さな渦なのだから。」

未来記憶

「大人になれば分かるよ」っていうのは、「僕は子供の頃のことは忘れてしまった」っていうのと同義だ。過去は記憶に残っているという錯覚。残ってなんかいない。今、この瞬間に感じてる五感の全入力のうち、ほんの一握りしか、残ってなんかいない。それが実は、未来に対する予測の的中率と同じ割合だ、と神様に教えてもらったとしても、今の僕はあまり驚かない。未来も過去も、現在と比べたら同じくらい分からないのだ。ただ、未来の無知には敏感で、過去の無知には鈍感だ。それだけのことだ。

と、ここまで書いて、自分の間違いにうすうす気付いてはいるんだけど、思想としては面白いし対称性が美しいので、これはこれでそっとしておこう。

あたりまえ?

そんなのあたりまえじゃん、と、口走るまえに、他の可能性を考慮できない自分の想像力のなさを認識すべきだ。

return top