カテゴリー ‘ Joke

アグリコラ世界観解釈

– 収穫時の食料供給は缶詰作業である
– まとめ食いしているわけではないのだよ
– 規定量の缶詰を用意できないと心配のあまり物乞いをしてしまう
– もしくは、食料のクレジット業者がいて、収穫のタイミングで取り立てにくる
– 足りないと怖い目に遭うので物乞いするのだ
– まるで給料日直後にやってくる引き落とし日のようだ

– 家畜は必ず一匹目がメス、2匹目以降はオス
– だから一匹ずつしか増えないんだよ。
– 羊飼いは4頭目にもう一匹メスを飼える。さすがプロ!

– 職業カードは転職説
– 農業やりながら職を転々とする夫婦。
– 転職時に職業訓練費用と斡旋手数料でコストを払っている。
– 3グリ以上ではハローワークの需要が高騰するので悪徳紹介所(2倍のコストを要求)が現れる。

– 職業カードは職人を雇っている説
– 前払い、飯1ポッキリで、何回でも呼んでいいよ、という極めてざっくりとした契約。
– 「居候」というのは通称で、実際は居候先を探してくれるプロ。
– 3グリ以上では需要が高騰するので悪徳紹介所(2倍のコストを要求)が現れる。

– 1ラウンド3年仮説
– ゲームの開始を夫婦の結婚、終了をリタイアと仮定。
– リタイアを60歳とすると、全14ラウンドなので開始は18歳。

– 1ラウンド1年仮説
– 30代中盤の男女が意気投合し、半ば道楽で農場経営を始めた。
– 50歳くらいでリタイア。
– 働かずに食っていける基盤が出来あがり、悠々自適のリタイア人生(30点以上:ハッピーエンディング)
– 俺たちは何をしていたんだ、と我に返り、都会へ戻る(30点未満:バッドエンディング)

– 1ステージ1年仮説
– どう考えても収穫は年に1回だろと。
– 食料の消費ペースを均一にとるべきだろと。
– ゲーム進行に従ってステージ辺りのラウンド数が減るのは夫婦の老化に対応
– 親が働かなくなると子供も他のことをやりはじめたりして同時にアクションが減る
– 年に2回も3回も子供を産むのは現実的でないので、この仮説における「家族を増やす」は実子ではない
– 人身売買仮説(新生児??)
– 一夫多妻仮説(働かない妻が山手線の各駅に居る)
– コウノトリ仮説

みなさんの解釈をお待ちしています。

説明をキットします。

Microsoftの機械翻訳ドキュメントは役に立ったことが無い。意味不明すぎて結局英語を見る。
自動翻訳の実用化はまだまだ先か~。

思わず笑った翻訳。
Mac SDK: ソフトウェア開発は、説明をキットします。

きっと、してくれるよね。いつか。説明を。
僕はその日を待つよ。

ショートコント:メガネ君

「ねえねえメガネ君」
「ん?」
「いっつも眼鏡かけてるけど、コンタクトとか、しないの?」
「ああ、平日は仕事でずっとパソコンやってるから。メガネのほうが楽。」
「へー」
「メガネのほうが、ちょっと賢そうに見えるって言われるし。」
「へー」
「でも、休日はそんなこと気にしなくていいから、朝からメガネ。」
「メガネじゃん!」
「例外は、スポーツするときとか?当たると危ないからね、ちゃんと後頭部にバンドつけて」
「メガネじゃん!」
「外すのは、寝る前とかかなあ。壊れちゃうといけないから、形状記憶フレームにかけかえて」
「メガネじゃん!」
「そんなメガネ好きの僕ですが、シャワー浴びるときはさすがに水中メガネ」
「メガネじゃん!」

おあとがよろしいようで。

1ヶ月で5kg痩せたら全額返金!

10万振り込むと、「よし、がんばれ!」って書かれた葉書が1枚届くの。

どうよ、この商売。元手かからないし。

たとえばこんなイタリアン

シェフの気まぐれ直送サラダ

「んーと、今日はテューズデイだから、トンガ」

無印良品の有言実行

男 「無印ってさ、実はけっこういい値段するのな。」
女 「だってほら、”ずっと良い値”って書いてある。」
Σ(゚∀゚ノ)ノ

「すいません」

レストランに入ると二言めには「すいません」と言ってしまう人はどんなひと?
1. いつも銭湯と間違えてレストランへ突入してしまうひと
2. 有名芸能人と顔がそっくりなひと
3. タバコがキライなひと

忘れ物バトン

東十条駅前交番さんからもらってきました。それでは、レッツゴー☆

Q1. 何を無くしましたか?
財布です。21日土曜日の早朝のことでした。

Q2. 当時の状況を詳しく。
夜行特急「ながら」から降りたとき、既にありませんでした。最近は、電車から降りるときに必ず座席を振り返る習性を身に付けたので、単に置き忘れた、ということはないと思います。熟睡中に盗られたような気がしています。寝眼で切符拝見に応答したので、その時財布を見えるところに放置してしまっていたかも。

Q3. 紛失物の外見は?
2つ折の皮製、色はカーキ。小銭入れがジッパのタイプです。

Q4. 中身は?
クレジットカード4枚、キャッシュカード1枚、保険証1枚。以上全て本人名義。
現金3万円強。内訳:1万札3枚と小銭

Q5. カード会社に連絡しましたか?
昼ごろに済ませました。(電話番号を調べるのにけっこう苦労しました。予め手帳にメモしておくと良いです。)驚いたことに、紛失から数時間で4枚中3枚に不正使用履歴があった模様。凶悪犯ですね。保険が付いてるので僕に被害はありませんが、どんだけ使われたのかは興味の湧くところです。

Q6. 犯人にヒトコトどうぞ。
あぼーん

Q7. 次に回したいヒトは?
誰にも回らないのが一番です。あ、でも折角だからLisa.

余談ですがちょうどこの日、僅か80分しか記憶が持たないという「数式を愛する博士」氏が、「小説を好きな場合、映画にはがっかりする」という一般定理の証明を発表したとかなんとか。まだ見てないけどね。

夏の怪談

「憑く憑く法師。あ、ホラーっぽい。」「semi-horrorだね」

#リクエストにお答えしてエントリィ

シンクタンク[sink-tank]

今日覚えた言葉。
流しの下などを開けると、排水管がS字になっているのが見えるだろう。あれがSink-Tankと呼ばれるもので、常に水がたまることにより下水側からの臭気や虫の進入を防ぐ。転じて、組織の上層と下層の中間で緩衝を担う人間集団をシンクタンクと呼ぶようになり、これがしばしばニュースやテレビに登場する言葉となったのである。

カテゴリ「Joke」ですので。念のため。

return top