カテゴリー ‘ 舞台

夢奇房見てきた勢いで感想など

結構楽しかった。結構、とか、まあまあ、とか言ってもよくわからないと思うのでずばり言えば3000円。実際に、入場料としてお支払いしてきた。
せっかくなので、思いつくままにつらつらと感想を書こうと思う。書くからには偉そうに書くが(笑)、念のため申し上げておくと、僕は、この公演を主催した諸氏よりも自分が偉いなどとはこれっぽっちも思っていない。あれだけの規模のイベントを、あれだけの完成度に仕上げたという事、これはもう手放しに賞賛する。僕は一観客に過ぎない。というつもりで読んでもらいたい。

舞台上に脇役がいる事、演技に使用しないモノがあること

まずはこれを評価したい。僕自身、やりたいと思っていた事の一つであり、かつ、なかなか理解を得られなかった事の一つだったので、見られてとても良かった。
ストーリィを表現していく上でも、客席を盛り上げる意味でも、効果的な手法。まあ、舞台一般の世界では当たり前すぎて、手法と呼ぶほどのものでもないのだけど。

演技の導入がよく工夫されていた

特に、フレアの入りは良かった。
進めなければならないストーリィがあって、そこにパフォーマンスを差し挟んでいかねばならないという難題に対処するために、導入で工夫するというのは大変効果的。
パフォーマンス全体を、無理にストーリィに乗せる必要はない。それをやろうとすると大抵、パフォーマンスがチープになってしまう。そのあたりの割り切りも良い塩梅。

一人だけにしゃべらせた事

台詞を完全に無くす事は手法の一つだが、伝えられる情報量は格段に減ってしまう。一方、訓練のされていない台詞回しを聞かされるのは苦痛以外の何物でもない。
「ちゃんと喋れる人だけに喋らせる」という今回の方針は良かった。

フィナーレ

綺麗にまとまっていて、後味が良い。フィナーレにきちんと労力を割いて完成度を高めているのは素晴らしい。

プログラムの完成度、客席へ至る階段への装飾

ショーを構成するのは舞台の上だけでは無い、ということで、周辺まで高い完成度が見られた事は凄い。本当なら帰りも全員が同じ階段を降りながら、「ああ、自分も月花に居たんだな」ってなって欲しかったけど、構造上難しかったかな。

ぱわぁ氏

名指しで一人だけ挙げるとすればどうしても彼になってしまう。
全出演者の中で、抜群の存在感があった。ストーリィの中では、意味のあるような無いような、後付けされたかのような立ち位置であったが、いざ彼に照明があたって彼が動き始めると、そこに世界があることを感じずにはいられない。さすが、体が出来ていると違う。
個人的には彼にもう少し出番を与えて欲しかったが、気をつけないと主役を持っていってしまうので、まあ、全体のバランスを見ればあれくらいで良かったかも知れない。

以上、褒めまくってみた。
以下はイマイチだった点。 続きを読む

舞台「夜は短し歩けよ乙女」

新大久保の東京グローブ座にて。
劇場へ入った瞬間の感触は、とても良い。
大きな月、薄暗い町並み、遠い喧騒。

春夏秋冬の全4章のうち、舞台化に耐えうるのは3章、学園祭編のみであろうと思われたので、3章のみの上演かもしれない、と踏んでいたのだが、きっちり春から始まった。

春夏はしかし、「やっつけ」の感あり。ストーリーを伝えることに精一杯で、原作にあった醍醐味はそこには無い。舞台化は困難と予想していたにせよ、それを差し引いても「やっつけ」感は残る。

休憩を挟んで、学園祭編。
やはりここからが本番であった。
見たかったものをきっちり見せてくれて、大いに楽しめた。
このシーンで劇中劇を始める「乙女」の豹変振りは、小説では味わえなかったものであった。

そして冬。
まあ、こんなもんかな。

本当は秋をやりたかったけど冬をはずすわけには行かず、となれば春夏もやらざるを得ない、ということだったかもしれない。

役者について。
乙女。可愛い。笑。だがしかし時たまアイドルめいた挙動を示すので残念に思った。徹底した純朴さが求められる。
先輩。いささか力みすぎではないか。内に秘めた熱い思いに反した淡々とした語り口が面白みなのに、それがあまりうまくない。
天狗。でか!と最初思ったが、見慣れるとなかなか良い。
羽貫さん。ばっちし。どんぴしゃ。
李白。面白すぎる。持って行き過ぎ。
委員長。せっかく舞台なら、こういうのを見たいよね。見所。
少年。可愛いんだけど、ちょっと女の子過ぎるなあ。惜しい。

まあそんなところで。

ZED

シルク・ドゥ・ソレイユのショーは、ラスベガスでMystere, O, Ka, Zumanityを見ているが、国内では初めて。実はビッグトップには一度も行ったことがない。

綱渡りだとか空中ブランコのような曲芸の凄さは、正直言ってそろそろ見慣れてきてしまっている。定かでないが、実際、Mystereと比べると技術的には見劣りしたように思う。
そんな中でも僕の視線を引きつけるのは、どちらかというと静かで正確な挙動だった。
人間離れした幾何学的な動きと速度。
ロボットに対しては柔らかい人間的な動きを要求するくせに、人間に対してはロボットのような無機質な動きを追い求める。へんなの。

特設劇場ならではのダイナミックな場面展開には全身を震わされた。
ちょうど先週、母校の後輩たちの発表会の演出の為に頭を悩ませていた僕にとって、ZEDの舞台演出のスケールと鋭さは、圧倒的な才能の差を見せ付けられたようで、爽快な悔しさを感じた。

完成度ってなんだろう。
完璧な動きとタイミング、というのがあったとして、95%も達成していれば普通は満足してしまうところを、彼らは99.99%をこなし、なおも満足しない。
この、9の数に圧倒されるのだ、と感じる。

return top