カテゴリー ‘ 鑑賞

「魔法にかけられて」

先に予告編を見ていたので「ディズニーもついにセルフ・パロディ作品を作ったか」と、僕もわくわくしていた。
王子が歌おうとしたところへ自転車がつっこんでくるシーンなんて最高。
一歩引いた所からミュージカルを見たときの滑稽さ。ファンタジィの馬鹿馬鹿しさ。
そういう、ディズニーが今まで作り上げてきた世界を、思いっきり笑い飛ばす、そういう映画だと、思っていた。
見るまでは。

しかし、違うのだ。
ぜんぜん違うのだ。
世界のディズニーは、そんな安っぽい僕の想像力を遥かに上回った。

ディズニーが過去の作品で表現してきたのは、動物が喋り、魔法が実在する世界。子供に対してはその想像力を刺激し、大人に対してはその子供心を思い出させる。
ディズニーファンが増えてゆく一方で、「でも、所詮作り話よね」という見方をする人々も必然的に生まれてくる。このようなシニカルな意見に対しディズニーは「ただの作り話ではない、あなたのすぐ近くにそれはあるのです」という立場をとってきた。(これは彼らの商業の存続のためでもあり、彼らの本心でもあると思うが。)

そこへ、本作品の登場である。
本作品は、今までディズニーが固持して来た立場を覆し、ファンタジィを「作り話よね」と一蹴したのか?

まったくそんなことは無い。
ミュージカルとファンタジィという「あちら側の世界」から抜け出してきた登場人物(とリス)達は、ニューヨークという現実世界へ降り立つ。そこで起こるべくして起こる様々な事件は確かに滑稽ではあったが、それは「そんな風にうまくいくわけないじゃん」というシニシズムを飛び越え、より挑戦的に「こちら側」の世界をファンタジィで侵食したのである。

予告編でチラ見した「王子が歌おうとしたところへ自転車」も、それより前のシーンで既に散々歌っている為に実際には「ミュージカルへの嘲笑」としては機能せず、単に「王子への嘲笑」に留まっている。

製作の段階において、「歌いだす瞬間に自転車が突っ込んでくるとか面白いよね」とアイデアが出て、そこへ別の強いビジョンを持った監督だかシナリオライタだかが「確かに面白いが、ミュージカルそのものを嘲笑したくはないんだ、わかるかい?」みたいなことになったのでは、などと想像する。

ついでに言うと、このシーンだけを切り取って予告編で見せるというのがまた実に小賢しい。
「ファンタジィなんて別に好きじゃないけど、これなら見てやろう」と思った観衆が居たに違いないのである。
おお、なんとディズニーの偉大なことか。

と、ちょっと適当に思いついたことを内田樹風に書いてみた。ううむ。まだ甘いな。

下北沢「アートくる9」に行った

下北沢に下りたのは実に久しぶりだ。相変わらず変な街。
どういったイベントだかよく調べずに参加した。
知らない人たち演奏や歌のパフォーマンスに参加して、手作りの品々を眺めて、じっくりと自分に耳を澄ます。

僕は元来、芸術に対する感度の高い人間ではない。自分の服を自分でまともにコーディネート出来ないし、色彩のミスマッチにも鈍感である。故に、鑑賞を行う際には一定の手続きを踏む必要がある。まず、脳の処理能力の10%ほどを使って、対象作品の外側にある実世界の映像や騒音をマスクアウトする。次に、もう10%を使って、作品全体を均一に受け入れるためのバランスを取る。音楽なら、特定のパートに耳が偏らないように。絵画なら、一部分や特定の色要素に集中してしまわないように。作品全体をフラットに受け入れ、それで脳内を満たす。そうしておいて、残った80%を“アイドル状態”にしておく(Perfumeとかを指すところのアイドルではないので注意)。
その状態をだいたい一分ほど我慢して維持していると、空っぽにしておいた部分に作品がじわりと流れ込んでくる。これを観察する。

反戦や環境保護を謳う活動組織は数あれど、その手法は実に多種多様だ。
「我慢に基づく環境保護」という思想はもう5年以上前に廃れていて、「楽しくお得にお洒落にエコ」はいまや目新しくない。これは言い換えれば「~しない」から「~しよう」への転換だった。同じパラダイムシフトを反戦で考える。戦争を「しない」ために何を「しよう」なのか。
なんかあると思うんだけど、まだ思いつかない。

デザインフェスタVol.26お気に入りメモ

デザフェスに行ってきた。

生みたて卵屋
「視力検査トランプ」「和風トランプ」を購入。

ササキカオリ
エッシャー風味が素敵。

歯車蝶
こういうのスチームパンクっていうのかな。どうも僕は渦巻きとか歯車には弱いようです。

MADE IN LIFE (公式サイト無し)
題材が良く、出来も良いアクセサリ。

ノマディック美術館とグレゴリーコルベール

ずっしりと重たく満たされた音響。
丁寧に切り取られたスポット照明。
市松状の外壁をすり抜ける風の音。
これらが渾然一体となって作品を宙に支える。
こうしてスクリーンは窓となって空気が流れ込んでくる。
向こうの世界から、僕の目を通じて、脳内へ。

ノマディック(Nomadic)とは、「遊牧的な」という意味。(今知った)
モバイル(mobile)好きのテッキー(techy)なガジェット(gadget)オタクにとっては、非常に親近感の湧く概念である。設計者の坂茂(ばん しげる)氏は要チェックで。

朝日新聞紙上広告に、グレゴリーコルベールと茂木健一郎の対談があったので読んだ。
細いワイヤのように厳密な科学の言葉でグレゴリーの圧倒的なボリュームのある世界を受け止めるには、紙面が足りなかったように思う。

ラーメンズ「TEXT」

友人(てかYuya)がかなり良い席を引き当ててくれた。生舞台は2年ぶりの2回目。前回は本多劇場でStudyを見た。

舞台の上の彼らはずいぶん大きく見えた。ちなみに、いつも家の100インチの画面で見る二人は、だいたい身長は140cmくらい。

彼らの舞台はカテゴライズするとすればコントだが、それはコントと呼ぶにはあまりにも壮大で、緻密で、悔しいほど羨ましいほど。

ユニークuniqueという単語には、日本では何やら余分なニュアンスが着いて回っている印象があるが、字義通りの意味は「他に類を見ない」である。ユニークさと完成度は一般に相反する。彼らほどユニークかつ完成度が高い舞台が他にいくつあるだろうか。

このごろ友人たちの間では公言して回っているが、僕は30歳までの目標の1つに、「小林賢太郎と友達になる」を掲げたい。彼の圧倒的な才能の前に、今はまだ、自分の平凡さをかみ締めるばかり。何事も成し得ていない。
あと3年。何を身に着け、何を成し得るだろうか。

ラーメンズが好きな方には、が~まるちょば もオススメです。(amazon風)

マリーアントワネット

有楽町マリオンで。
一般国民から隔離された皇族の話、という点で先日見た「太陽」と同類であるが、受けた印象はまるで違った。
「太陽」に描かれていた昭和天皇は、時に気さくに話したり、植物学に没頭したりといった側面を見せながらも、間違いなく超人的であった。凡人には近寄りがたい空気を常にまとい、一挙手一投足に重みを感じる。(まあ、イッセー尾形の演技が超人的だった、と言い換えればそれまでだが。)
一方でマリーアントワネットは“意外と普通の人”である。莫大な財産と冗長な儀式制度に囲まれた中で、ごく人並みにパーティしたり、舞踏会に出かけたり、気が変わって質素に暮らしてみたり。(まあ、キルスティン・ダンストの演技が人なつっこかった、と言い換えればそれまでだが。)
神として扱われた天皇と、人として扱われた王妃の差だろうか。(本物を見たことは無いので意味の無い推論だが。)

花火とか噴水が登場するので「なぜこの時代に?」と感じたが、それは単に僕の知識のレベルに応じてのことだろうと思う。建築の専門家ならもっと建築に突っ込んだだろうし、文化歴史に精通している人間なら服飾の嘘を事細かに見抜くだろう。そういった専門家は時に、「史実に基づいていないから、ほら、違和感がある」と主張する。僕はそうは思わない。史実に基づく、というのは、違和感を感じない組み合わせの1つに過ぎないのであって、唯一解ではない。
例えば「マリーアントワネット」で用いられていた音楽は明らかに歴史を超越していたが、それでも違和感はさほど感じなかった。心地よくフィットしていた。

それってけっこうおもしろいな、と思った次第。
せっかくなので史実も目を通すと良いと思います。

パプリカ

東京ゴッドファーザーズ」が大好きな僕が、マッドハウスと今敏監督の新作と聞いて見ないはずが無いので見てきた。

相変わらずオープニングがしびれるほどカッコよかった。
スピーディな進行と奇想天外な転換はおそらく今敏監督の得意とするところで、本作品でも如何なく発揮されていた。シナリオが後半でパズルのように小気味良くはまってゆく様は東京ゴッドファーザーズに通じるものを感じたが、これは筒井康隆のシナリオだろうか。原作を読まなければならない。

ラストの対決はレイブラッドベリの短編(タイトル忘れた。「郵便屋」が出てくるやつ)を彷彿とさせた。筒井康隆がレイブラッドベリを読んでないはずは多分ないので、まあ、わかっててやったんだろうと思う。

新春かくし芸2007

ビリヤード図解ビリヤードとかボーリングとか、あそこまでくるといくらなんでも確率要素が大きすぎる。ノーカットで3回連続成功させてくれれば見てるほうも納得するだろう。もちろんそれによって技の難易度は落ちるだろうが、編集でつぎはぎにされると、どうも盛り上がらない。
何テイク目で成功したのか、正直に表示したらどうだろうか。努力を称えるのが番組趣旨なら、3ケタとかでもそれはそれで拍手だし、1桁ならもちろんそれはそれで拍手。

ちなみに、真面目に物理を勉強した人か多少ビリヤードをかじった事のある人なら、ボールとボール(もしくはボールとピン)を接触させておくことによって、その前段階のコントロールは関係無くなる事を知っている。図で、ボールAがどんな角度でボールBにぶつかっても、ピンが飛んでゆく方向には関係が無い。(パワーの問題は大いにある。)

難易度を上げたように見せて、実はより簡単にする。決してインチキだと言うつもりは無い。エンターテイメントを考える人間にとっては常識である。

そんな中で、中国獅子はマジですごかった。なんだあれ。普通に運動神経がめちゃめちゃいいのだろうか。二人分の慣性力によって空中の安定度が増すのだろうかとか考えたが、謎である。
あと、北野武のタップダンスは普通にうまかった。座頭市でもふんだんにタップを取り入れていたし、もともとタップが好きな方なのだろう。

ラーメンズ「ALICE」

DVDで鑑賞。
内容が素晴らしいのは言わずもがな。この1週間で10回くらい見た。
小林賢太郎、器用すぎ。

ラストに流れるBGMが実はすごい気になって、どこかでフルコーラス聞きたい。

SAMジャパン大会

恥ずかしながら、SAMとは何ぞやというところからそもそもよくわかっていなかった僕である。
今回、諸事情あってスタッフとして参加。晃太郎氏が全体を取り仕切っているということで、右も左も分からなくても顔パスで採用された。バンザイ。

朝8時に京王プラザホテル八王子に着。会場はそこの4F,5Fで、観客が1日でざっくり600人くらい?出演者サイドがプロ・コンテスタント合わせて50人前後、スタッフが全部で20人程度、という規模。

飛び入りスタッフだったので大した仕事は任されず、客同然に手品を鑑賞したりして。バンザイ。
幸条スガヤ氏のアクトを生で見られたのは嬉しかった。芸が細かい。作りこみが素晴らしい。
能勢裕里江嬢の舞台も久しぶりだった。これも素晴らしい。シンプルで完璧。ため息が出る。ファンクラブあったら入ります。本気本気。
西日本の若手諸氏と交流が持てたのも収穫だ。荒削り感は否めないが、ニュージェネレーションなセンスが見えてとても良い。

加えて、都々氏、二川氏、テンドー氏等々、若き日にお世話になった面々に久しぶりにご挨拶出来た。
みな一様に「痩せたね」という。頬がこけたのですな。食事の量はまだしも、回数がいささか減った。困ったことだ。チーズとかでカロリーを稼がないと。

DC.ビーナスについて。
ダンスがめちゃめちゃうまいというほどでもなかったのはいささか残念だが、主役の2人がきちんと手品を練習していて、現象が成立している。ミスしない。素晴らしい。加えて、曲の使い方、間の持たせ方なんかは見事なもので、ショーとしての完成度はとても高い。例えば途中、CHICAGOから1曲使われている。セリフが乗ったりメロディが途絶えたりと動きの多い曲だが、それを生かして振り付けと現象が組み立てられている。こういう姿勢に好感が持てる。
やたらと曲を切り貼りするのってどうなの?と常々思っている僕である。作曲した人は、構成にも当然こだわりを持っているはずだ。たいていの場合、高々マジシャンの稚拙なセンスで再編成するより、原曲の構成はずっと美しい。せっかくなら、その美しさにあやかれば?と思う。

return top