歴史物フィクションにおける暗殺のプロ達が「冥土の土産に教えてやろう」とか言いながら自分の技の秘密を喋…

歴史物フィクションにおける暗殺のプロ達が「冥土の土産に教えてやろう」とか言いながら自分の技の秘密を喋るの、まったく不合理だがまあフィクションだから、と長年思っていたが、マジシャンが猛練習した技の秘密を誰かに喋りたい欲求は確かに存在するし、これから殺す相手なら尚良い、とふいに合点。

return top