般若心経の現代語訳とか、宇治拾遺物語の現代語訳だとかが出回っていて、読むとなかなかに面白いのだが、「…

般若心経の現代語訳とか、宇治拾遺物語の現代語訳だとかが出回っていて、読むとなかなかに面白いのだが、「古い」というだけでなにやら高尚で学問的な印象が強まり、本来持っていたかも知れない大衆的な面白さが失われてしまうというのは、興味深い現象だ。

return top