「秘書」というと暗黙に専属のイメージがあったが、フルタイムではなく五分の一くらいの稼働の秘書を雇いた…

「秘書」というと暗黙に専属のイメージがあったが、フルタイムではなく五分の一くらいの稼働の秘書を雇いたいという需要はかなりあるんではという気がしていて、秘書の方は日替わりで5箇所掛け持ちしてくれれば成立するのではないか。

return top