ずばっと的確なことを言って論敵が言葉を失う、みたいなシーンはフィクションで「主人公かっこいい!」的な…

ずばっと的確なことを言って論敵が言葉を失う、みたいなシーンはフィクションで「主人公かっこいい!」的な描写としてありがちで、故に現実にもそういう瞬間を夢見る人が多いのだが、自分の経験を振り返ってみると、あまりにも低レベルな指摘をされて言葉を失うことのほうが多かった気がする。

return top