OCN家計簿とZaimは連携しない方がいいことに気付いてしまった

OCN家計簿 Zaim

これらを「連携」すると、すべての支出が二重に計算されてしまう。

OCN家計簿は、銀行口座やクレジットカードを管理するWebサービス。Yahoo Moneylook から乗り換えたら実に使いやすくてびっくりした。
対応口座はYahoo Moneylookから比べると少ないようだが、Yahoo Moneylook がエンジニア視点で明らかに「終わってる」のに対し、OCN家計簿はかなり「今風」である。(まだまだ突っ込みどころはあるが。)

Zaimは、iOS上でちまちま家計簿を付けるアプリ。買い物してレジ待ち等でささっと入力している。毎月の予算や実績を他人と比較する機能や買い物記録をtwitter等で公開する機能がついているが、そういうのはまったく使っていない。純粋に記録の為に使っている。

OCN家計簿がZaim APIに対応し、Zaimに入力した家計簿を読み取ってくれる。(というか現状唯一のZaimAPI対応サービス)
これは面白いということでこの2つを使い始めてもうすぐ2ヶ月ほどになる。

僕は連携を切った。

そもそも連携するものではなかったのだ。僕は2ヶ月記録してようやく気付いたわけだが。

さて、説明しよう。

OCN家計簿では、クレジットカードの利用履歴や銀行口座からの引き落としがすべて「支出」として扱われる。
これは、OCN家計簿の挙動としてまったく正しい。

Zaimでは、基本的には、日々の生活のなかで現金なりカードなりで「買い物をした」時に支出を記録する。
これは、そういうアプリだ。

Zaimの記録をOCN家計簿に連携させるとどうなるか。
Zaimに記録されているのは、口座から引き落とした現金での買い物や、カードを使った買い物だ。
つまり、すべての支出が二重に計算されてしまうのだ。

もちろん、OCN家計簿上で、特定の項目を「計算に含めない」という設定があるので、手作業でそれを行えばこの問題は回避可能だ。
しかし、そいういうことじゃない。そもそも連携するメリットがないのだ。
連携せずに個別に使った方が遥かに使いやすい。

僕が人生で最初に「小遣い帳」を付け始めたとき、僕は、手元にある現金と銀行口座にあるお金をどのように一元的に記録するかで悩んだ。
(たしか小学生の頃だ。時が時なら、Suicaでのチャージや買い物をどう記録するかにも悩んだであろう)
我ながら賢い(^^)が、僕は以下のようにした。

日付 金額 メモ
11/10 口座 財布 3000
11/10 財布 800 雑誌
11/10 財布 へそくり 1000

つまり、「自分は複数の財布を持っていて、財布から財布へのお金の移動を記録しよう。」と考えたのである。
本当にお金を使って買い物をした時には、「外の世界」という財布へお金を移した、と考える。

ZaimやOCN家計簿もこんな感じに考えてくれれば良いと思う。
きっと多くの人が悩んでいる「Suicaチャージはどう扱おう」という問題も解決だ。

return top