夢奇房見てきた勢いで感想など

結構楽しかった。結構、とか、まあまあ、とか言ってもよくわからないと思うのでずばり言えば3000円。実際に、入場料としてお支払いしてきた。
せっかくなので、思いつくままにつらつらと感想を書こうと思う。書くからには偉そうに書くが(笑)、念のため申し上げておくと、僕は、この公演を主催した諸氏よりも自分が偉いなどとはこれっぽっちも思っていない。あれだけの規模のイベントを、あれだけの完成度に仕上げたという事、これはもう手放しに賞賛する。僕は一観客に過ぎない。というつもりで読んでもらいたい。

舞台上に脇役がいる事、演技に使用しないモノがあること

まずはこれを評価したい。僕自身、やりたいと思っていた事の一つであり、かつ、なかなか理解を得られなかった事の一つだったので、見られてとても良かった。
ストーリィを表現していく上でも、客席を盛り上げる意味でも、効果的な手法。まあ、舞台一般の世界では当たり前すぎて、手法と呼ぶほどのものでもないのだけど。

演技の導入がよく工夫されていた

特に、フレアの入りは良かった。
進めなければならないストーリィがあって、そこにパフォーマンスを差し挟んでいかねばならないという難題に対処するために、導入で工夫するというのは大変効果的。
パフォーマンス全体を、無理にストーリィに乗せる必要はない。それをやろうとすると大抵、パフォーマンスがチープになってしまう。そのあたりの割り切りも良い塩梅。

一人だけにしゃべらせた事

台詞を完全に無くす事は手法の一つだが、伝えられる情報量は格段に減ってしまう。一方、訓練のされていない台詞回しを聞かされるのは苦痛以外の何物でもない。
「ちゃんと喋れる人だけに喋らせる」という今回の方針は良かった。

フィナーレ

綺麗にまとまっていて、後味が良い。フィナーレにきちんと労力を割いて完成度を高めているのは素晴らしい。

プログラムの完成度、客席へ至る階段への装飾

ショーを構成するのは舞台の上だけでは無い、ということで、周辺まで高い完成度が見られた事は凄い。本当なら帰りも全員が同じ階段を降りながら、「ああ、自分も月花に居たんだな」ってなって欲しかったけど、構造上難しかったかな。

ぱわぁ氏

名指しで一人だけ挙げるとすればどうしても彼になってしまう。
全出演者の中で、抜群の存在感があった。ストーリィの中では、意味のあるような無いような、後付けされたかのような立ち位置であったが、いざ彼に照明があたって彼が動き始めると、そこに世界があることを感じずにはいられない。さすが、体が出来ていると違う。
個人的には彼にもう少し出番を与えて欲しかったが、気をつけないと主役を持っていってしまうので、まあ、全体のバランスを見ればあれくらいで良かったかも知れない。

以上、褒めまくってみた。
以下はイマイチだった点。

テンポ悪い。観客の熱気を積み上げられてない。

場転を待たせないというだけで従来の手品舞台からすれば大変な進歩なのだけれど、挿入されている寸劇のテンポが今一歩。伝えたい情報量はそのままに、もっとコンパクトにする余地はあったように思う。後半は特に、クライマックスに向かって観客の熱気を持ち上げて行くために、演技と演技の間を詰めて、畳み掛けていく計算が必要かと。

導入は良いのに、終わり方はイマイチ

主に、ポーズを取って終わる人ね。ポージングがダサい。静止してキメるってのはもの凄く難しい。
そもそも、手品の練習しかしてない人が、手品の現象を起こすという以外の部分で観客に感銘を与えられるはずが無いのであって。訓練を受けた事が無いのならば、自分がかっこいいポーズを取れる等と思わない方が良い。(唯一良かったのはぱわぁ氏。街灯を見上げながらのフェードアウトは、余計な装飾が無く、何か深い意味を感じさせ、そして、単純に姿勢が綺麗)
一番簡単なのは、拍手を受けながら退場してしまう事だ。あるいは早めに照明をフェードアウトしてしまう。あるいはカーテンを閉じてしまう。それで拍手が止まってしまうかというとそんなことは無い筈。(それで止まってしまうような拍手はそもそもお情けに違いない。)
舞台上に残っている必要があるなら、さっさと元の世界に戻ってストーリィの続きを演じるのが良いと思われる。
ついでにもう1つ。寸劇中に手持ち無沙汰の人(開演前の花屋など顕著)には、なんでもいいから具体的に仕事を与えてしまうのが良い。花束の配置を色毎に並べ替える、とか、靴ひもを交互に何度も結ぶとか。どういう意味があるのかよくわからないけど明らかに法則があるような仕事を与えれば、それだけで興味を引くし、ちょっとしたコメディになる。

設定が背伸びしすぎ

演じきれない事を設定に入れてしまうのは単純に損。
もっと、手の届く範囲にしておけば良かったのに。
舞台上での美男美女は、顔の造形うんぬんより動作の割合がはるかに大きい。(60歳の森下洋子も、舞台上では10代の少女に“本当に”見える)これもやはり、訓練無くして出来る事ではない。
ストーリィ上どうしても絶世の美男子/美女が必要なら、体の一部分のみのシルエットだけを見せるなどの抽象化によって、観客の想像力をかき立てる方が良いかも知れない。

return top