「借り暮らしのアリエッテ」感想

ネタばれ無しで。

世界観はとても良かった。
スケール感の表現は良くできていたし、液体の表現には特に気を使っていたようで、面白かった。

ハルさんが悪役すぎるのが残念だ。悪役に魅力があるのは大事なこと。クシャナもエボシ御前も魅力的だった。ムスカはチョイ悪だけどな。

オープニングの引き込み、エンディングの爽快感に物足りなさを感じる。例えば「千と千尋」なんて、オープニングタイトルが出るまでの流れでもう泣きそうだった。これは監督の力量の差か。

ラストシーンの「指の質感」への指摘は内田樹氏に同意。

あとあれだ、劇場で洗濯バサミの髪留めを配るといいんじゃないかと思った。

return top