Win32のセマフォは自動解放されない

プロセスの同期の「セマフォ」の項にあるサンプルを実行したのだが、カウントアップ中(セマフォ所持中)に×ボタンでプロセスを殺すと、その分は元に戻らない。
つまり、セマフォはリソース管理方法としてはまったく使えないということだ。
参考までににMutexは、所持しているスレッドが死ねば自動的に解放されるし、開いているハンドルも自動的に閉じられる。

他のプラットフォーム上ではどうなんだろ。

return top