事故った件

レンタカーで駒場から本郷に移動の際、免許取得9ヶ月のペーパドライバAに運転をまかせたのはやはり間違いだったのだろうか。僕は助手席に座っていたが、右車線へ変更する際に前の車の右後ろ隅にドスン。

がしゃーん。

もげたテイルライトが配線でぶら下がって、片目の飛び出た妖怪みたいになっちゃった。
こちらは大き目のワンボックスだったので車内にはほとんど衝撃無し。

すぐ警察を呼んで、雨の中15分ほど待機。
担当署名、担当者名、事故現場の住所、時刻をメモ。
減点、されないのか。知らなかった。まあ、違反ではないということか。
お互いの連絡先を交換。
あと、レンタカー会社の事故サービスセンタに連絡を入れなきゃいけないが、それは特に急ぐ必要も無いということなのでひとまず運転を再開して目的地へ到着。
ひと段落した後にセンタへ連絡。

最後に、返却時にまたいくつか確認をされたが、メモしておいた情報で事は足りた。
今回は初心者に運転させるということで、あらかじめリスクヘッジしてレンタカーの保険を全てつけておいた。
\3000ほど上乗せしてレンタルしたことになるのだが、結局僕が事後に支払ったのは総額\20,600。
これで、自車の損傷も相手車の被害もすべて保険で払ってくれるという。

保険ってすごいな。けちらないで入ったほうがイイヨ。

幸い怪我人もなかったし、僕は傍観者だったので、まあ、良い勉強になったな、と。
Aはトラウマでしばらく運転できそうにない。
減点はされてないので再講習にはならない、のか?本当かな。
まあ、自主的にしておいたほうが良いかもしれない。

return top