アーカイブ ‘ 2007年 6月17日

ノマディック美術館とグレゴリーコルベール

ずっしりと重たく満たされた音響。
丁寧に切り取られたスポット照明。
市松状の外壁をすり抜ける風の音。
これらが渾然一体となって作品を宙に支える。
こうしてスクリーンは窓となって空気が流れ込んでくる。
向こうの世界から、僕の目を通じて、脳内へ。

ノマディック(Nomadic)とは、「遊牧的な」という意味。(今知った)
モバイル(mobile)好きのテッキー(techy)なガジェット(gadget)オタクにとっては、非常に親近感の湧く概念である。設計者の坂茂(ばん しげる)氏は要チェックで。

朝日新聞紙上広告に、グレゴリーコルベールと茂木健一郎の対談があったので読んだ。
細いワイヤのように厳密な科学の言葉でグレゴリーの圧倒的なボリュームのある世界を受け止めるには、紙面が足りなかったように思う。

return top