パプリカ

東京ゴッドファーザーズ」が大好きな僕が、マッドハウスと今敏監督の新作と聞いて見ないはずが無いので見てきた。

相変わらずオープニングがしびれるほどカッコよかった。
スピーディな進行と奇想天外な転換はおそらく今敏監督の得意とするところで、本作品でも如何なく発揮されていた。シナリオが後半でパズルのように小気味良くはまってゆく様は東京ゴッドファーザーズに通じるものを感じたが、これは筒井康隆のシナリオだろうか。原作を読まなければならない。

ラストの対決はレイブラッドベリの短編(タイトル忘れた。「郵便屋」が出てくるやつ)を彷彿とさせた。筒井康隆がレイブラッドベリを読んでないはずは多分ないので、まあ、わかっててやったんだろうと思う。

return top