RENT映画版

3箇所くらいちょろ泣きした。
えんじぇるカワユス。

僕にとって、RENTは特別すぎる。学生最後の1年間で、劇団碧に出会い、市川氏に出会い、春と冬に2回やった。どっちもBennyだったが、春のBennyと冬のBennyは、僕の中でかなり違う。それは、その1年間で僕が成長した差に他ならない。役者として、あるいは人間としてもだ。

あの日、舞台で「♪人生は輝く 恐れず愛せたなら」と歌いながら、
客席に君の姿を見つけて、
その瞬間、
歌の本当の意味が分かったんだ。

みたいな思わせぶりなことを書くのが流行ってるらしいぞ。

return top