初宝塚

花組「Apartment Cinema」を鑑賞。映像でチラッと見たことはあるが、生では初のヅカ・ワールドである。
いやはや、面白かった。
主役「ウルフ」の絶妙な間が優雅なユーモアを醸し出していて特に良い。
終わり方も僕好みだった。悲劇的な未来を展開しておいて、一番綺麗なところでさらりと幕が下りる。多くは語らない、という美学。

ところで、こういう男装舞台の文化って海外にもあるんでしょうか。詳しい方のツッコミを待つ。

return top