Gmailを咬ませてみた

僕のメインアドレスをgmailアカウントに転送し、pop3とsmtpをgmail経由にする、という風にしてみた。

  1. (滅多にないが)自分のPCが使えないときでもメールが読めるようになった。
  2. 自分のPCのHDDが死んでもメールは被害をうけないようになった。
  3. SPAMがフィルタされるので、特にAirH”でメール受信するときとかは転送量が減ってうれしい。

と、いったようなメリットがあって導入に踏み切ったのだが、 Gmail: ヘルプ センター – 自分のメッセージが自分に届かないのはなぜですか。 が、若干ネックだ。gmailを本当に普通に使ってる人はそれでいいんだろうけど、MLへ投稿した自分の発言が戻ってこないのはけっこう気持ち悪い。

そこで、送信時にはgmailのsmtpを使わず、そのかわり常時BCCでgmailへもコピーを送るようにしてみた。ところが今度は、送信したメールがすべて一度gmailの受信箱へ入ることになり、popで自分へ戻ってきてしまう、という困った現象に。

まだ解決してない。むむむ。

return top