アーカイブ ‘ 2006年 3月18日

結婚式へ行った

従兄の結婚式。なにやら陽気でライトな雰囲気の牧師さんのトークを聞きながら、僕は「誓います」と「違います」が似ていることに気づいてしまった。

「あなたの妻を生涯愛することを誓いますか?」
「違います」
「違うぞゴルァ!」「ホコサキさん!」

自分の結婚式は厳粛にしたいものだなあ、と思ったがまあ無理だろうという気がしてきた。
(結婚?過去にしたくないと思ったことはないが、未来のことはわからない。「式」に別段憧れはない。)

今更だが、自分はやっぱり両親に似ているのだな、とつくづく思う。外見は近頃急に父親に似てきた。
性格なんかも似てくるんだろうか。つまり、僕が知っている30代以降の両親は、僕の血の中で密かに眠っていて、僕が30代になったころに目覚めるんだろうか。
別に悪い気はしないけれど。ただ、そんな堅牢なタイムカプセルが体内にまだまだ眠ってて、これから開いてゆくのかと思うとちょっと面白いと思った。

夜は浜松の我が家で家族四人宿泊。寝るのにはそれほど不自由を感じなかったけれど、翌朝、洗面所が混み合ったかな。

return top