温泉旅行

よく考えたら生誕以来初の温泉旅行だったような気がする。
伊豆急行。黒船号とかいう車両で車内博物館とかいう企画が愉快だった。あと座席の配置がかなりおかしかった(この「おかしい」はダブルミーニング)。当然鉄道系の人々の間では常識なんだろうけど。鉄道系といえば、高校時代は僕の周囲の人間はたいてい鉄道系だったので、大学入ってみてその鉄道系率の低さに驚愕した覚えがある。ひょっとすると隠してるのかも知れん。「踏み鉄道」でもしてみるか。それって踏み切りか?違うね。(違うってよ!)
と、このように脱線すると話がちっとも進まないわけです。この一週間でいろんな人のブログを読みまくったので誰かから影響されたなこれは。まあすぐ戻しますが。
で、城ヶ崎公園に着いたのが22時過ぎで、一泊\3000とかいうおかしい(これはシングルミーニング)合宿所で、一晩延々と会議。何の会議かというと日本征服会議。議事録を書く程度にはまじめな会議。
翌朝10時にチェックアウトして、電車で一駅。6人で富戸から歩いて温泉へ。片道40分ほどの道を歩いていくつもりが、途中で通りかかった旅館の送迎バスに拾われていえーい。
海の見える露天風呂が3つか4つあって、順繰りしていくわけ。このシステム自体が僕には新鮮だった。日本的だなぁ。スリッパ忘れるとかもろもろのハプニングがいろいろいちいち面白かった。(メンバーのメンとメンツのメンは一緒か?)
しかし基本的には「思考停止する」のが温泉の目的の一つなのでこれ以上書くことないですね。他の温泉知らないから比較とか出来ないし。あれ、前置きのほうが長いぞ。タイトルを間違えたかな。

return top