色即是空2終幕

幻術の残像
剣戟の残響
赤と黒の、残影
虚構の全てが今なお五感を占め
矢の如く過ぎ行く時を彼方に見守る

良い舞台に立たせてもらった。ディレクタの内田氏を始め、スタッフ諸氏には感謝するばかり。
どのパフォーマも目を見張るツワモノばかりであったが、特に名前を挙げるとすれば 目黒陽介氏と共演できたことが特に嬉しい。

自分の出来は、意外と良かったらしい。やり慣れない手品で、内心大いに戸惑っていたが。
あと、リングとクラブジャグでは効果音を担当した。自分の出番以上に緊張して膝が震えるほどだった。でもこれらも良い出来に仕上がった様で。

これにて、手品で大きな舞台に立つのはしばらくお休みの予定。しばらく、というのは、数年、かな。

return top