量子的な彼女

電話の向こうにいる沢山の君のうち、あの細くて長い長い電線を通り抜けて来られるのは、きっと一人だけなんだ。

return top