zero gravity (森博嗣風に)

さあどこまでも。落ちてゆこう。

上向きと下向きの引力が均衡するまで。

体重を感じなくなったら、きっと視界がひらける。

等方性の極座標軸に乗って。上も下もない。そうだ、自由度を1つ手に入れたんだ。

さあどこまでも。上ってゆこう。

気体分子が届かないところまで。

体重を感じなくなったら、きっと世界がひらける。

直交座標を自由にあやつれ。平行さえも、僕は疑えるんだ。

return top